Miyakawa Blog

ウェブディレクターが日々のことを綴るブログ

歳を取って病気してから健康になれますか?

歳を取って病気してから健康になれますか?

たぶん厳しいでしょうね。

早朝自転車トレーニングでサイクリングコースに向かう途中でゲートボールを嗜む高齢者の集まりをよく見かけます。

笑顔で声を掛け合って、元気にゲートボールしています。

普段から健康に気を使っているんでしょう。それも若い時から。

そんな気がします。

 不健康なまま歳を重ねたら健康的な高齢者にはなれない

肥満のまま僕が50歳、60歳になれば間違いなく高血圧、糖尿病などの生活習慣病にかかると思います。今はまだ症状はありませんが、近い将来なるでしょう。

歳を取ってから大きい病気を患ったら一生薬漬けの生活になるのでは?

このままでは早朝見かける健康的な高齢者の仲間には入れないと思います。

病院に通って薬をたくさん飲まなきゃいけない生活になりたくない。

日本の治療は発達したと言われているけど、病気の身体で長生きしても自分も辛いし、家族にも迷惑が掛かります。

身近にそういう人を見てきているので、そうならないためにも今ダイエットを続けないといけないとも思っています。

不健康で長生きしたくない

平均寿命が延びたとしても、不健康に生き延びたくない。

僕は44歳ですが、体重が今日現在で96kg前後です。

今年の5月時点で114.6kgで人生ピークでした。

今でも肥満体ですが、痩せたおかげで血圧も下がりときどきあった右腕のしびれがなくなりました。

しかし、ダイエットを始めないでいたらこれからますますダメになっていっていたと思います。

ときどき見かける高齢者たち

冒頭の話と被りますが、普段生活しているといろんな高齢者たちとすれ違います。

  1.  早朝、ゲートボールにいそしんでいる人たち
  2. やっとの思いでお散歩している人たち
  3. 杖をつきながらやっと歩いる人たち。あるいは車いすなど。

サイクリングコースやウォーキングコースで見かける高齢者の方たちは1番と2番のご老人たちです。

これは私の勝手な憶測なんですが、早朝ゲートボールなどされている高齢者は昔から健康だった人たちなんだろうと。自己管理をしっかりして、普段から身体を動かしていた人たちなだろうと。

2番と3番は分かりません。怪我しているのかもしれないし、何かしらの身体の疾患で歩くのが大変な場合もあるでしょう。

歳を取る前に健康な身体を取り戻すこと

ただ、歳を取るまで運動しないで生活だけ送ってきた人などは20代のピーク時より筋肉量が3割以上減っていると言われています。そんな身体で急に運動をして健康になろうと思っても原資になる筋肉が減っているため相当苦労するだろうなと思います。

だから、若いうちから身体を動かして健康な身体を維持していくことが大切なんだろうなと、5月からダイエットを始めて思っていることです。

44歳なので決して若くはないですが、高齢者の仲間に入る前には健康的な身体になりたいと思っています。

後、30kg痩せないと私は標準体重にならないのでまだまだダイエットは続きますけどね。

www.miyakawa.me