読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyakawa Blog

ウェブディレクターが日々のことを綴るブログ

下北沢オープンソースCafeに行ってきた

8月21日に1日だけ東京に行って4カ所のスポットを回ってきました。 午前中に下北沢オープンソースCafeを、午後に渋谷を中心として、PoRTAL, CUBE, FabCafe Tokyo をぐるっと回ってきました。

それぞれの所管をブログにまとめていきたいと思います。 今日は「下北沢オープンソースCafe」について書きます。

  1. 訪問日時 8月21日(水)10:00 〜 11:30
  2. 場所 東京都世田谷区代田6-11-13-G1 下北沢駅西口から徒歩7分
  3. URL http://www.osscafe.net/ja/

▼駐車場スペースを2カ所改装して運営されています。右側がカフェ・スペースで、左側が図書&作業場スペースです。 f:id:miyakawa244:20130821102409j:plain

早速、右側のカフェ・スペースに入ると代表の河村さんが出迎えてくれました。河村さんに事前に伺うことを人を通じてお伝えしてありましたので、いろいろとインタビューさせていただけました。河村さんありがとうございました。 ▼「〜すべての本棚を図書館に〜」のリプライズの運営もされている河村さんです。http://librize.com/ja f:id:miyakawa244:20130821101735j:plain

▼カフェもメニューがございます。1日 1,000円で 1 ドリンク付き + Wi-Fi + 電源が利用できます。 f:id:miyakawa244:20130821101605j:plain f:id:miyakawa244:20130821102635j:plain

カフェとは逆の左側のスペースに入ると、たくさんの本があり、河村さんが用意されたモノやお客様が寄贈された(寄贈シールが貼ってあります)本がカテゴリーごとに整理されて並んでいました。 本の貸し出しなどもあり、図書委員などはお客様が交代でされているというお話を伺いました。みんなで運営しているコワーキングスペースなんですね。 ライブカメラでカフェ・スペースから図書スペースの様子はリアルタイムで覗けるようになっていました。

▼図書スペース&作業場です。皆さんお静かに。 f:id:miyakawa244:20130821102441j:plain

▼本棚があります。 f:id:miyakawa244:20130821102219j:plain

▼本の貸し出しもできます。 f:id:miyakawa244:20130821102436j:plain

▼作業スペースもありますので、ここでは皆さんお静かに。 f:id:miyakawa244:20130821102311j:plain

下北沢オープンソースCafe の最大のポイント

下北沢オープンソースCafe は「部活」という仕組み・制度があり、ソフトウェア系の部活が複数存在します。 お客さんたちが自発的に活動をしています。 EC-CUBE部、クラウド部、WordPres部、Concrete5部、リプライズ Cafe部などが定期的に活動しており、行けば誰かが居てくれるそんなみんなが戻ってこれる暖かい場作りが行き届いているコワーキングスペースでした。

オープンソースの部室・プロジェクト一覧はこちらをクリックしてください。

初めていきましたが、みんなが気持ちよく仕事ができるように気遣いが行き届いており、居心地もよくてすっかりファンになってしまいました。 今度、東京にいくときも立ち寄りたいと思います。