Miyakawa Blog

ウェブディレクターが日々のことを綴るブログ

デジタルものづくりの最前線 3Dプリンターセミナー

少し時間をさかのぼりますが、2ヶ月程前のイベントのレビューを書きました。

6月14日の 18:00 〜 21:00 ぐらに IT ビジネスプラザ武蔵で行われた株式会社 ケイズデザインラボ 代表取締役/3Dコンサルタントの原 雄司氏の講演、「デジタルものづくりの最前線 3Dプリンターセミナー」に参加してきました。

細かい話はもう忘れましたが、楽しかったです。 メディアから流れてくる情報がいつも偏っていて、間違っていることに頭を悩ませていたのですが、原さんの話が私を元気づけてくれました。

3D プリンタは流行ってはいますが、特別新しい技術ではないし製造現場では導入されている所はずっと前から導入されています。

今回は Cube 3D という 3D プリンタのデモンストレーションや 3D データをモデリングするソフトウェアの紹介などがあってとても刺激的な時間でした。

会場で 3D プリントの実演に使っていた CUBE 3D はライセンスが切れる前は500 万円以上していたが、ライセンスが切れた事で今は 16 万円で買えるまでに値が下がったという話には驚きました。 しかも、現在は 3D プリントする部分のプリンタヘッダは Cano USA が供給しているので精度もかなり高くなったとのことでした。16 万円なら無理すれば私でも買える値段ですね。

▼出力中はプリンターヘッダーではなくて、下の台座が動きます。  ※透明部分は専用のノリを塗った跡です。台座が移動したときにズレるのを防止するためです。 f:id:miyakawa244:20130614173229j:plain

▼実際に 3D 出力をする前に水平器を使って台の水平度を計っている原氏。 f:id:miyakawa244:20130614185032j:plain

▼3D CUBE の出力中に参加者の皆さんが前に集まって見ている様子。 f:id:miyakawa244:20130614191335j:plain

▼造形物例 f:id:miyakawa244:20130614173939j:plain f:id:miyakawa244:20130614173929j:plain f:id:miyakawa244:20130614173924j:plain