Miyakawa Blog

ウェブディレクターが日々のことを綴るブログ

UX Kanazawa Vol.4 「ペーパープロトタイピング」に参加して

2012年10月20日、金沢歌劇座で UX Kanazawa Vol.4 が開かれたので参加してきました。 もう1週間以上前なので UX Kanazawa Vol.4 の内容を自分への備忘録としてまとめておきます。

ペーパープロトタイピングのワークショップイベントの備忘録

  • シナリオを書くことで抱える課題をビジュアル化できる
  • シナリオを書くことで同時にペルソナを作り上げるのに役立つ(ペルソナを決める根拠は事前マーケティングが必須)
  • 紙と鉛筆と消しゴムと紙だけでサイト構成やイメージを短時間で描ける
  • コンセプトやアイディアを整理したりする場合に利用すると効果が発揮できる
  • 短時間で全体のサイトイメージをチームで共有できる
  • 可能であればクライアントなどにもプロトタイピングでリアルに説明できるといい
  • いきなりPhotoshopやモックを作るより時間コストを節約できる

失敗は成功のもと(誤解していたことを含む)

  • WF(ワイヤーフレーム)の代わりに用意するものではなかった
  • シナリオを考えた時点で想定するペルソナの設定をもっと深く考えるべきだった
  • 2番の結果から「問題解決」のためのペーパープロトタイピングが「問題解決」できていなかった
  • よって、汎用的なペーパプロトタイピングになってしまった

ワークショップとして制作した、シナリオとペーパープロトタイピングが次のものになるわけだけど、失敗して学んだことが多かったです。失敗は成功のもとともいいますからね。 ※2人で考えて描きました。

f:id:miyakawa244:20160516220825j:plain f:id:miyakawa244:20160516220855j:plain

ひとこと

ワークショップをして、チームごとに発表して批評していただいたわけですが、非常に勉強になりました。ポジティブな批評をポジティブな状態で聞くことは、普段なかなか出来ない経験です。
素直に批評を聞くことができました。

貴重な時間でした。