読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyakawa Blog

ウェブディレクターが日々のことを綴るブログ

「実践、ブログとソーシャルで新規顧客を獲得する技」参加レビュー

昨日のブログでも書きましたが、石川県ソーシャル・ネットワーキング研究所主催の「■実践、ブログとソーシャルで新規顧客を獲得する技」セミナーに参加してきました。

まず私がセミナーに参加した目的

「ブログで成功している人の話しを聞く」という事自体を目的として参加してきました。

ブログでもソーシャルでも実際に成功している人の「生の話」を聞ける機会はそう滅多にあるものではありません。

私も仕事柄、ネットの技術やテクノロジーに関してはプロですが、「ブログの運用」というコンテンツの部分に関しては実績ある方には一目も二目もおかなくてはいけないと思っています。

ここは恥を忍んでセミナーに参加して、得るものがあれば吸収し、職場やクライアント、友人にシェアしようと思って参加してきたわけです。

昨日のセミナーで感じた事

伊藤さんのお話

ブログを書く切っ掛け、書く目的、書き方のヒントは伊藤さんが mindmap を使ってたくさん教えて頂きました。

やり続ければ、結果が出る

「ブログが重要な理由」「ブログで得たもの」「ブログで顧客獲得」「何を書くか」「ネタだし」など。そして、何年も時間を掛けて継続してきたその「時間」を「資産に換える」事が出来るという話もありましたね。

たくさんの情報が盛り込まれていました。多くの人に平等に必要な情報を伝えようとする伊藤さんの前向きな真摯な姿勢を感じました。

伊藤さんのテーマは「ブログの書き方」や「どう書けばいいか」迷っている人にはとても親切なセミナーだったと思います。

宮谷さんのお話

そして、宮谷さんのお話には勇気を頂きました。

初めからオーダーシャツをブログで売ろうと思ってやっていたわけではない。 むしろ、ネットでは売れないと思っていた。 でも、「ブログで売ってくれない?」というお客の一言がきっかけだったということ。 そして、続けていたら「ネットオーダーシャツ」のニーズがどこにあるか分かった瞬間があった。

まさに「継続は力なり」の見本のようなお話でした。

伊藤さんも宮谷さんも共通しておっしゃっていた事は「継続することの大切さ」「情報発信を続けることで見つかるニーズがきっとある」という事だと私は感じました。

最後に

濱さんが最後にまとめておられた。 「ニーズ」は追い求めてでてくるものではない。 「ニーズ」はお客様がいずれ教えてくれる。 お客さんは「ウォンツ」で集まってくる。 その「ウォンツ」に答えるために、必要となる「シーズ(サービスや商品を伝えること)」になるようブログとソーシャルを利用していこうという話なのだと。

2時間の時間に講師お2人の数年間の経験値が凝縮されており、全てを伝えたいという気持ちがスゴく伝わってきました。昨日の話のエキスの一部でも自分の役に立てたいですし、友人や職場の仲間、クライアントなどにシェアしていきたいと思います。

最後までお読み頂いてありがとうございます。

ひとまず毎日ブログを書く事が実は簡単そうって昨日感じたので、継続してみようと思います。 運用しているブログ2つありますけどw