Miyakawa Blog

ウェブディレクターが日々のことを綴るブログ

金沢ハッカソンを行いました

4月14日(土)〜 15日(日)、桜日和の週末にKanazawa Hackathon(金沢ハッカソン)に参加してきました。 場所は金沢市から離れて、加賀市の「セミナーハウス あいりす」で行われました。

f:id:miyakawa244:20160518214114j:plain ▲「セミナーハウス あいりす」の桜も満開でした。

ハッカソンは一般的でないので簡単な意味は次のようなものです。

ハッカソンとは 「ハッカーソン」 (hackathon): - IT用語辞典バイナリ ハッカソンとは、同じテーマに興味を持った開発者が集まり、協議・協力しながら集中的にコーディングを行う催しである。 ハッカソンという言葉は、ハック(hack)とマラソン(marathon)を組み合わせた造語とされる。

今年の2月ぐらいから「ハッカソンをやりたい」という友人の今川さんの相談を受けて、人集めに奔走したのが2月下旬から3月ぐらいだったと思います。集まったメンバーはプログラマやデザイナを集めて今回、10人で1つのチームになりました。

ハッカソンメンバーの構成

メンバー構成はユニークですよ。

主催者1名、相談役1名、デザイナ2名、フリープログラマ2名、石川高専の先生1名、石川高専の学生2名(プログラマ)、そしてディレクターの私の合計10名です。

特にユニークなのはプロのプログラマと学生プログラマのプログラマメンバーがいることと、ウェブデザイナとグラフィックデザイナがいることです。

私が狙った人選としてはプロのプログラマと学生プログラマ同士で新しい刺激と化学反応が生まれるのではないかという期待がありました。 また、デザインチームとしては分野がやや異なるウェブデザイン専門の人間とグラフィックデザイナが集まることで相乗効果を期待して集めた人選だったのです。

おそらく私の狙い通りの結果になってくれたことと思います。

テーマはソーシャルマッチングサービス

FacebookやTwitterといったソーシャルネットワークが強い人気がありますが、本ハッカソンではソーシャルマッチングのウェブサービスをローンチ(公開)することを目的として発足されました。

ハッカソン開始1週間前の打合せ(アイディアソン)でいくつかのアイディアがで、テーマが決まったのがハッカソンの数日前だったと思います。

テーマは「スポーツソーシャルマッチング」

決定したテーマは「スポーツソーシャルマッチングサービス」です。

スポーツをしたい人の代表的な3つの悩みを解決することを目標に考えました。 その3つの悩みとは・・・

  1. 一緒にする人間がみつからない。
  2. プレーする時間が合わない
  3. モチベーションを維持できない

かくしてこの3つの課題をクリアするためのハッカソンが4月14日土曜日に始まったのでありました。

1日目

午前中

午前10時より、「セミナーハウス あいりす」の2階 ミーティングルームで金沢ハッカソンの第1回目ハッカソンがスタートしました。

午前中はソーシャルネットワークサービスの種類を確かめ、我々がこれから作ろうとしている「スポーツマッチングサービス」の方向性を確かめ、「サービス名」を決めました。

いろいろな名前が挙がるなか、「スポーツする友達を集める」というコンセプトから「スポとも」というサービス名に決まりました。

f:id:miyakawa244:20160518214158j:plain ▲その他のサービス名の候補も

午後

午後からは作成するサービスの基本仕様、サイトマップ、画面構成図の方向性を全員で確認しました。 全員で一同に確かめることで「ブレ」をなくし、同じゴールに向けてのモチベーションを高めることが出来たと思います。

やりたいこと、作りたいサービスはたくさんありますが、2日間という限られた時間の中でサービスの基本骨格となる、「ユーザ登録」と「マッチングサービス」を作ることに方向性が定まりました。

クリエイティブ開始

午後も15時を過ぎる当たりからは、デザインチーム、プログラマチームと分かれてウェブサービスの作成に取りかかりました。

私の役割はデザイナとプログラマの架け橋をするわけですが、ホワイトボードで書き上げた基本仕様を具体的な画面仕様書に落とし込む作業も同時に行いました。

f:id:miyakawa244:20160518214216j:plain ▲ホワイトボードで全員で仕様の再確認

f:id:miyakawa244:20120414230241j:plain ▲開発作業の進行と並行して仕様書の整理も行う

気がつけば午前様

順調に開発が進んでいれば夕食後は懇親会という予定でしたが、残念ながらプログラムもデザインも目標の進捗度を下回っており作業は夜遅くまで続きました。 しかし、みんなの目は輝き続けており、気がつけば時計の針は午前0時を過ぎておりました。 みんなが「形にしたい」という熱意がみんなの眠気を押さえていたのだと思います。 しかし、作業は2日目も続くため大事をとって、初日は 0:30に作業を終了、全員眠りにつきました。

f:id:miyakawa244:20120414230120j:plain ▲プログラミングのアドバイス中の黒川さん(左)と、話しを聞く梶川さん

f:id:miyakawa244:20120414225552j:plain ▲各種スポーツアイコンをオリジナルでデザインする葭田さん

f:id:miyakawa244:20120414230052j:plain ▲深夜お風呂も終わってジャージ姿やTシャツ姿の人もちらほら グラフィックの仕上がりをみんなで確認中。 左手前より、葭田さん、末松さん、木原さん 左奥より、田村さん、今川さん、黒川さん

2日目

仕上げに向けてラストスパート

f:id:miyakawa244:20120415142555j:plain ▲朝になり朝食をとっていよいよ2日めスタート

2日目は午前9時より作業開始スタート。

前日の作業の引き続きです。

朝の時点でプログラマチームはデータベース、Facebookアプリ、PHPのおよそのベースは組み上がっていました。

デザインチームについてはデザインの確定要素が少なく、デザインの仕上げとHTMLのコーディングと行程がたくさん残っている状態。

f:id:miyakawa244:20120415142559j:plain ▲スパートに向けて集中力MAXのウェブデザイナの末松さん(右)

f:id:miyakawa244:20120415143139j:plain ▲アドバイスするプログラマ木原さん(左側)と、アドバイスを受ける山元さん

終了目標は15:00でしたが、もう少し時間が必要という判断により16:00まで時間が延びました。 16時にはプロトタイプ版が完成しました。残りの作業は未完成の機能の実装、デザイン要素の詰め、テストといった具合です。

ローンチまで後、僅かです。

皆さんお疲れさまでした。

総括

f:id:miyakawa244:20160518214558p:plain ▲「スポとも」プロトタイプのトップページイメージ

ハッカソンの噂は聞いていましたが、こんなに濃いモノだとは思いませんでした。 限られた時間を「作りたいモノを全員で作る」ということに集中し、1つの目標に向けて作業にのめり込む事は本当に楽しかったです。

今回は学生プログラマと職業プログラマのチームと、ウェブデザイナとグラフィックデザイナのデザインチームをまとめて1つのサービスを作りました。

ローンチ(一般公開)目標は私の中ではゴールデンウィーク前後になります。

早く世の中にウェブサービスを公開したいです。