Miyakawa Blog

ウェブディレクターが日々のことを綴るブログ

Nike + GPSを2週間以上使ってみてのレビュー

f:id:miyakawa244:20160518222223j:plain

Nike + GPS についてはここを見て下さい。 簡単に説明すると、Nike+GPSはiPhone 用のジョギング管理アプリです。 Nikeのウェブサーバにデータを送信して走行距離を「Nike+ダッシュボード」で管理もできる超便利ツールです。

毎日何かしら、「走っている」「ウォーキングしている」「自転車に乗っている」など、そこそこの距離を移動している人で、iPhoneを持っている人はダウンロードして使ってみると面白いと思います。 ちなみに私は通勤距離が寄り道なしでおよそ3.8km前後です。

このアプリですがジョギングやウォーキングなどを継続させるためのモチベーションアップのために細かい気遣いがされているアプリです。

▼私は時間無制限の「基本」でウォーキングか、自転車で利用します。
Nike + GPS ワークアウト 無制限、設定時間、設定距離の3つの条件からワークアウトを選択できます。

▼スタート前に「ロケーション」選択や「音楽の選択」もできます。
Nike + GPS ワークアウトの設定 インドアやアウトドアのロケーション設定や、ミュージック選択など走る人のことを細かく気遣ってくれています。 「パワーソングの設定」なんていうのもあります。自分を鼓舞する音楽を設定できるんですね。

▼マッピングされたiPhone画面(プライバシの都合で画面したは切ってあります)
Nike + GPS ルート 実際に移動した距離がGPSにより計られ、かつ地図にマッピングされた様子をiPhoneで見るのは非常に面白く、励みになります。

また、「Nike+ダッシュボード」の自分のサイトにログインすると、様々なサービスを受ける事ができるのも魅力的です(まぁ、Nikeサイドにしてみれば、これでNikeブランドを買ってもらえればっていう戦略でしょうけど)。

ちなみにNike+GPSを使い始めて3週間目ですが、今日で累計96.08km移動しています。 私はもっぽらウォーキングと自転車で移動しています。 走るのは得意ではないんですよね。 (このブログの下書きをした後、少し歩いたので現在は累計距離が97.26kmです)。

▼先々週の月曜日から始めました
Nike + GPS  今日までの集計 1週間でおよそフルマラソン2回分+アルファって感じですね。

イヤホンは付けながら使います

利用している間はイヤホンをつけて利用します。 音楽を聞きながら利用できるわけですが、「今、○○kmです。1kmを平均○○分で走っています。」だったかな、このような情報を人の声(男性か、女性が選べます)で教えてくれます。

ワークアウトが終わると、タレントの安田美沙子さんまたは、元プロ野球選手の清原選手の声で激励をいただけます。しかも、毎日ちょっとずつ違います(パターンはありますけど)。

バッテリ残量に注意して下さい

利用している間はGPSがフル稼働しているので、終わった後のバッテリ残量には注意して下さい。 利用した後は必ず充電した方がいいと思いますよ。 ちなみに私は最長で1時間43分(歩行距離8.27km)の連続稼働をさせたことがありましたが、そのときでバッテリー残量が20%前後になっていたような記憶があります。

普段だと50分ぐらいの連続稼働をさせることがありますが、それでもバッテリー残量は60%前後に減っている記憶があります(いつもほぼフル充電の状態からワークアウトを開始しています)。

「GPSが信号が微弱です」と注意を受けたら

Nike + GPS GPS微弱画面

上記、キャプチャのように「GSP信号が微弱です」と注意を受けたら確かめて欲しいことがあります。 実はこのアプリを使い始めた頃に悩まされました。2日目にやっと問題の解決方法が分かったので、悩まれているNike + GPS初心者の方は参考にしてみて下さい。

  1. iPhone の標準ロックを掛けて画面が真っ暗にしていませんでしたか?
  2. Nike + GPS以外のアプリが全面に表示されていませんか?

まず、iPhoneのロックは掛けないで下さい。 Nike + GPS アプリの右上に表示されるロックアイコンを使って下さい。

▼写真右上の「鍵マーク」をタップします。
Nike + GPS ロック前画面

正しくロックされると次のような画面でキープされます。

▼正しくロックされた画面
Nike + GPS アプリのロック

この状態のままランニングを始めれば「GPSの信号が微弱です」とは言われないと思います(いつも最初だけ言われますけど)。

もちろん、ビルの谷間などGPSが本当に微弱なところに入れば、間違いなくいわれるでしょうけど。 もし、私と同じ事で悩んでいた人がいれば参考にしてみて下さい。

ソーシャルネットワーク対応してます

もし、TwitterやFacebookといったソーシャルネットワークサービスを利用しているユーザの方であれば、自分の走っていることや、走り終わった結果を手軽にiPhoneから送る事もできます。

また、Facebookの友人が「いいね!」をしてくれれば、「声援」がiPhoneのイヤホンから送られてくる設定もできます。

ジョギングやランニングを継続させるモチベーションアップのためにこのソーシャル機能も含めていろいろ考えられている優秀なアプリだと思います。