読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyakawa Blog

ウェブディレクターが日々のことを綴るブログ

レンタカーを初めて借りた

昨日はインフルエンザからの病み上がりの初日につき、ローパワーで仕事をするつもりでしたが、出張へ行ったK氏の引き継いだ仕事でどうしても車に乗って1時間程の所に行かなくては行けない仕事が発生しました。

会社の車はロケで全て出払っていたので、やむを得ず「レンタカー」を借りる事に。

以外と「すぐ無い」レンタカー?

初めてのレンタカーだったのだけど、職場のみんなが「事前に電話で予約したらいいよ」としきりに進めてくれたので、2社に電話することになりました。

1社目はネットで調べた最安値の近場のレンタカー屋さん。 問い合わせたところ「普通のサイズの車は全て出払っています」という回答がきました。思わず「普通のサイズじゃない車って?」と聞いたら、「トラックなどの業務車両」とのこと。一発で納得しました。

仕方が無いのでもう1社電話したら、「VitsやMarchなどの乗用車がございます」だったので、そく電話予約して飛んでいきました。足を運んでみると、貸し出せる乗用車はあと1台しか残ってなさそうでした。

レンタカーって「行けばすぐ貸してもらえる」イメージでしたが、実はそうでもないみたいでした。

恐るべし低燃費のVits

因に仕事で移動した距離は片道およそ60Kmだったんですが、戻ってきて車を返す前にガソリン満タンにしますよね。何リットル入ったと思います。 これが6リットルでした。 往復で120Km走ったのに、6リットルって燃費よすぎるのもびっくりしました。 リッター20Kmでしたから(高速道路の移動が多かったけどね)。

ハイブリッドカーやEVカーが要らないとは言わないけど、Vitsの燃費のよさに驚かされた出来事でした。