Miyakawa Blog

ウェブディレクターが日々のことを綴るブログ

Canon PIXUS MG6130SLにMP900から買い替え

プリンタを久方ぶりに買い替えました。 Canon PIXUS MG6130SLというタイプです。

以前はCanon PIXUS MP900を使っていましたが、今回思いきって買い替えることにしました。

調子が悪かったり、満足に使えない機能とか出てきていたので2年ぐらい前から検討していました。

MP900は6年前に買ったプリンタですが、それでも普通に使う分には機能的には必要十分でした。6年前当時の複合機として完璧だったと思います。いまでも壊れていなければ買い替える必要などほとんどありません(ただ、デカクて重いです)。

MP900無線LAN機能こそ標準でついていませんが、個人的に無理矢理無線LANで印刷できるようにしていました(そのかわり無線LANでは大量印刷ができないという欠点がありました)。

Canon PIXUS MG6130SLに即決

さて、今回のプリンタ買い替えはほとんどカタログを見ませんでした。店頭でとりあえずカタログと、売り出しプリンタを見て、即決です。

自分の中で欲しいプリンタの条件が決まっていたし、選び方のポイントは分かっていたからです。 それに昔はカタログ集めて機種同士比較していましたが、いまはドングリの背比べにしか見えないのでほとんどカタログを事前にあつめませんでした。

Canon製で、コピー機能があって、スキャナ機能がいま使っているOSに対応していて、無線LAN印刷が標準でできて、黒以外の筐体が選べる事」この条件さえ実現していればどれでもよかったです。

本当はちょっと気になる黒木メイサさんがCMしているEPSONでもよかったのですが、プリンタは一度買ったら5年以上は買い替えない機械なので、付き合いの長いCanonにしました。

さぁ、急いで年賀状を仕上げないと(笑)

Canon PIXUS MG6130SLを購入して満足していることは次の12点です。

  1. 年賀イラスト50部以上の大量印刷を無線LAN経由で行ってもジョブが止まらない(以前は無理矢理無線LAN環境を作っていたので、年賀状イラストを20部以上同時に印刷ができませんでした(印刷データ容量が大きいほど大量の部数印刷ができませんでした。))。
  2. プリンタ付随のアプリケーションが新しくなったはず(全てはまだ未確認)。
  3. CD、DVD、Blu-rayディスク印刷ができること(MP900も機能が付いていましたが、ここしばらく動かなくなりました)。
  4. Photoshopなどとのスキャナ連動も復活しているはず(まだ未確認)。
  5. インクが6色インクになっていること(印刷コストが安くなっているらしい)。
  6. 顔料系の黒インクが使われている事(印刷のクオリティが上がっているらしい)。
  7. カセットトレイがある(A4印刷用紙が収納できて、汚れません)。
  8. プリンタ後方の手差しトレイは普段収納できること(手差しトレイを誤って壊したりしないですみます。MP900は壊してしまい、印刷用紙が斜に入る事もしばしばありました)。
  9. 黒とシルバーのツートンカラーでカッコいいこと(威圧感がありませんし、シャープです)。
  10. MP900と比べて小型で威圧感がないこと(MP900真っ黒で、大きかったです)。
  11. 思い切ってプリンタの部屋の中での配置を変更して、部屋が広くきれいになったこと(笑。掃除して、プリンタの位置を再配置しただけです。プリンタ買い替えによる、個人的心理効果と申しましょうか。)
  12. ケーブルが減ってすっきりしたこと(普段使う必要がありませんが、ますます有線による印刷の必要性が無くなりました。プリンタとの有線接続の設定も念のためした方がいいかもしれませんが、まだしていません。)。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=miyakawa2449-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=B004184NAK