読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyakawa Blog

ウェブディレクターが日々のことを綴るブログ

21世紀美術館で「絵本を読もう」

地元金沢の21世紀美術館に下の子ども2人(4歳と7歳)を連れて行ってきました。

長女と家内があるパーティーに行くため、そのあいだ下の子ども達の子守りをするために21世紀美術館に行ってきたのです。21世紀美術館のHPで「絵本を読もう」というイベントと「かたちで遊ぼう!」というイベントがあるということを知ったのが、21世紀美術館を訪ねた切っ掛けでした。

子ども達はよろこんでくれたので良かったです。

バスに乗って町へ出て、お外で食事(大好きなマクドナルド)して、散歩しながら美術館に行き、絵本と積み木で楽しんで、帰りには本屋さんで絵本を買い、ドーナッツを買って帰ってきました。

子どもにしてみればバスに乗るだけでも大イベントです。2人で仲良く並んで座ってました(笑)

最近あまり外に連れて行っていなかったので子ども達もうれしかったみたいです。

「絵本を読もう」という美術館のイベントでは、絵本「マドレンカ」の読み聞かせの後に、「世界地図」がある大きな展示室に案内してくれました。 高さ12メートルのある展示室で、世界地図は縦横多分8〜10メートルずつぐらいのビー玉の集まりで作られていました。

「世界地図」があった展示室に訪れる前に読み聞かせして頂いたマドレンカという絵本は宇宙からはじまり、宇宙から地球へ、地球から国へ、国から町へ徐々に焦点が狭まり一人の少女「マドレンカ」に焦点がしぼられます。 ここでマドレンカという主人公の少女が登場するわけです。 マドレンカは「歯がぐらぐらする」ことに気づき、近所の人たちに「歯がぐらぐらすること」を教えにいきます。 そこにはいろんな国の出身の人たちがいます。 そして、不思議な空間を通じていろんな国の世界観や文化をマドレンカが体験していくお話です。 地球規模、宇宙規模のお話に仕立てられていました。すてきな絵本です。

そうです「絵本」は展示室のテーマにあった絵本だったわけです。

来週も「絵本を読もう」のイベントがあって、開館前に館内の案内をしてくれるようなことを聞きました。

次は家内にいってもらってもいいかも。

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=miyakawa2449-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4892385980

追記 子ども達が飽きもせず2時間近く美術館ってすごいと思いました。