読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyakawa Blog

ウェブディレクターが日々のことを綴るブログ

朝5:40起床が日課になった

習慣を変えようと思ったきっかけ

毎朝、5:40に起床するようになった。もう1ヶ月ぐらいは続いています。

以前の私は6:30に起きてました。子ども達を起こすのはそれからでした。

6:30に声を掛けて、ゆすっても子ども達が起きるのは7:00過ぎとかでした。よくても6:50頃。

7:30には家を出て学校に向かわせる必要があります。

起こす私にしても必死だし、声も出すし、叱りもします。

子ども達を起こして、着替えさせて、食事させることを60分以内に終わらせるという毎朝戦争のような慌ただしさでした。

毎朝、時間に追いやられて必死に子ども達を起こす事も嫌だったので、6:00に子ども達を起こす方法を試行錯誤繰り返してやっと最近発見しました。

起こしても起きないから、起きたくなるきっかけを作りました

最近は子ども達のお気に入りアニメの録画再生と声かけのコンボで起こすようになりました。

これが非常にいい効果をだしています。

私が子どもより早く(5:40に)起きて、起こす準備をします。

この季節は暖房を付けつつ、身支度を整えて、6時頃には子ども達と家内を起こします。

6時に子ども達に一度は「起きなさい」と声を掛けますが、もちろん起きません。

落ち着いて「アニメの再生」をするとムクッと、4歳の娘がまず起きて、しばらくすると7歳の長男が起きます。

6年生の長女だけはアニメが終わる6:30までは起きてはくれませんが、意識は回復しているらしくアニメが終わると起きだして身支度を始めています。

6:30にアニメが終わって、子ども達を着替えさせて、順調に行けば朝食が6:50頃から食べられます。

小学生チームは7:30には家をでるのでちょうどいいスケジュールです。

「困った事が起きてるから、どうにかしよう」というきっかけから

「子どもが起きない」「大声出すけど起きてくれない」「叱って起こすから、みんなが朝から不機嫌になる」。 「家族のみんなが嫌な気持ちになる」「なんとかしよう」という心の叫びから、早朝の早起き作戦を考えました。

まず、私が起きる時間を30分早めて、次にさらに20分早めて今では5:40起床になりました。

そして、起きない子どもを起こしやすくする切っ掛けを作りました。

いい効果がでています。

仕事でもそうだけど「困った」ことを見つけて気づく所が一番大切ですよね。

余裕のある朝の生活

保育園の娘は8:30頃に家内が送ります。

私は9時前のバスでも出勤には問題ないのですが、朝早く子どもと一緒に起きるので7:49のバスで職場近くのスタバに行って読書しています。5:40起床の日課とは関係ないですけど朝、スタバで過ごすのは以前からの日課です。朝からスタバで読書しながら、出勤時間を過ごすようになったのはここ数ヶ月です。

贅沢なひとときです。

それでも急ぎの仕事があるときは始発のバスに乗って職場に直行することも多いんですけどね(笑)

早朝残業ははかどります(汗)