Miyakawa Blog

ウェブディレクターが日々のことを綴るブログ

B-CASをつぶしたウェブの世論『「第5権力」としてのウェブ』

B-CASカード。 地デジ対応テレビや地デジチューナを起動するために必要な薄っぺらいカードのこと。 テレホンカード見たいななやつで、これがないと地デジテレビがみれない。 ただ、このB-CASカードを発行している団体の活動内容や収益構造が不透明であり、不平不満な意見がネット上で散乱していたのは私も知っています。 個人的にはHDDレコーダを購入したときに、B-CASカードが付いてきました。 また、地元ケーブルテレビ会社と契約したときに、B-CASカードが1枚付いてきました。 合わせて2枚、家にあるはずです。 そのB-CASカードが廃止にあるみたいですね。

引用元:「第5権力」としてのウェブ http://ascii.jp/elem/000/000/177/177381/ 総務省の「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会(デジコン委員会)」は9月26日、地上デジタル放送のB-CASを見直すことを決めた。6月にまとめられた第5次答申では「消費者や権利者の立場からB-CASについてさまざまな指摘が行なわれた」ことを理由に廃止の方向を打ち出している。放送局も反対していないので、B-CASの廃止が事実上決まった。  B-CASがなくなると、ダビング10の信号は受信機で無視できるようになるので、これをどうするかが焦点だ。デジコン委員会の村井純主査(慶應義塾大学教授)は「技術と契約」で対応する方針を示した。しかし、法律で強制しない限り、ダビング10に対応するかどうかは受信機メーカーの自由だ。国内メーカーが(放送局の圧力を恐れて)ダビング10を採用しても、海外メーカーが「ダビング10なし」を売り物にして乗り込んでくる。ダビング10も実質的に廃止(任意の規格)にするしかないだろう、というのが関係者の見方だ。