Miyakawa Blog

ウェブディレクターが日々のことを綴るブログ

情報処理国家試験

自分が情報処理国家試験を受験したのは、平成10年の秋でした。
当時受験した人なら覚えているでしょうが、ちょうど台風が上陸していた日でした。
そして、昨日は平成19年度春期試験日でもありました。 私は当時(平成10年)、神戸大学で受験しましたが、台風の影響はなく受験も予定通り行われたのを覚えています。
この年は当時では到底考えられない難易度の試験で、過去最低の合格率の試験でもありました。私は初回の試験で無事合格できましたが。あっ、ちなみに初級システムアドミニストレータ試験です。その他の上級試験から比べれば初歩的な試験ですが、受験者にとっては目標の1つですから、それは必死に勉強しましたよ。 満員の通勤電車の中で立ちながら問題集読んだり、寝る前に勉強したり、出産準備の妻に付き添いながら待合室で問題集を広げたり、必死でした。
なぜなら、仕事柄「不合格」が認められなかったからです。
絶対合格しなければ許されないという、プレッシャと戦いながらの受験でした。 あれから9年が経ちました。 去年、あるご縁で複数の受験生の面倒を見ることがありました。当時の受験生で今年の張る受験した人はいるのでしょうか? ちょっと気になりますが、今となっては私の責任の範囲を越えているので自己責任で進路を決めていることでしょう。 追記
古巣の某SNS(コト○ラ)は学習支援サービスとしてちゃんと、機能しているのかが気がかりです・・・