Miyakawa Blog

ウェブディレクターが日々のことを綴るブログ

変わるYouTube映像、ポストプロダクションを意識し始めたクリエーターたち - CNET Japan

YouTube(あなたのブラウン管という意味らしい)に今、プロが集まりはじめている。自己表現の場が世界に無料で開かれているからだと思う。
私の会社も映像制作を生業としているが、放送に流すとなれば代理店を経由しなければ流すことは出来ない。クライアントが無ければ制作した映像を放送に流すこともできないのだ。
が、YouTubeという通信の世界は国境がない。既得権益で雁字搦め(がんじがらめ)になっている放送世界よりも、もっと自分たちの作りたい映像をクリエイトできる世界。それが通信の世界にあるのだと皆が気づきはじめているのだ。
この先がどうなるかはまだ、分からないけれど。 でも、これだけは言える。映像制作はもう特別なスキルではない。もう間もない時間で個人でも映像制作/編集が簡単にできる時代がくるでしょう。

 Matt Hardingさん(29歳)は、ゴールデンゲートブリッジ、ソーサスフレイの赤い砂丘、ナミビア、そしてイースター島の巨大人面岩など、世界有数の名所で踊る自分の映像を録画したばかりだった。  「Where the Hell is Matt?」と呼ばれるこの映像は、Hardingさん自身が39カ国でジグを踊るという感動的作品だが、編集作業のために未編集のビデオ素材に目を通した同氏は落胆した。  Hardingさんは、「コントラストが低すぎた。でも、友人にソニーの編集ソフト『VEGAS』の話を聞いた。素晴らしいツールだった。明るさは良かったので、コントラストを上げたところ、明るいオレンジだった砂丘が、実際の色である燃えるような赤に変化した」と語った。  家庭で撮影したビデオの仕上げにハリウッドのタッチを加えるツールが欲しい、というYouTube世代のメッセージが、家電製品や視覚効果のベンダー各社に届きつつある。彼らは、使いやすく、低価格で、見る人をあっと言わせる視覚効果を強く望んでいる。  Revver、Metacafe、そしてYouTubeにある素材の大半は、プロダクションバリューのない場合が一般的だ。たいていは、愛犬、赤ちゃん、恋人を撮影しているだけのものだ。しかし、YouTubeビデオグラファーStevie Ryanさんによると、自分の作品にユニークなビジュアルと技巧を採り入れようとする人が増えつつあるという。
変わるYouTube映像、ポストプロダクションを意識し始めたクリエーターたち - CNET Japan

<!--
feedpath info start
-->


  generated by feedpath


<!--
feedpath info end
-->