Miyakawa Blog

ウェブディレクターが日々のことを綴るブログ

ラジオを学ぶ2



ラジオは音声だけで情報を伝えるメディアなので聞く人の想像性を広げるメディアなんだと、大先輩のoさんは私に言ってくれました。


なるほど、そうですよね。私は小説に似ていると思いました。「雨が降っています」「白い犬が歩いてきました」とラジオを通して聞いた場合や、文字を読んでいる今おそらく皆さん情景を思い浮かべませんでしたか? ←ちょっと強引ですが。


難しい言い方をすれば情報伝達媒体が限られていると受けて側は足りない情報を自分で想像しようとするわけですよね。


今日はそんな想像性を掻き立てる番組を期待しながら昼休みラジオを聞きながら歩いてました。AMラジオ(地元MRO)です。うーん、残念ながら昼休みは人生相談などが始まっていて、想像性を掻き立てるような話はありませんでしたけど。


夕方の帰宅時は源氏物語などをやっていて「面白い」と感じました。本当はオールナイト日本みたいに番組とディスナーが一緒に盛り立てていく番組を早く見つけたいんですけどね。


でも、ディスナー参加型番組(FAXや電話、はがき、Eメールなどで参加)は昔からあるわけですけど、これって実はブログとかWEB2.0とかでやっていることを、昔からラジオやテレビではすでに実践していたんだということだと思いませんか?


難しく考えすぎでしょうか?