Miyakawa Blog

ウェブディレクターが日々のことを綴るブログ

放送局とIT系企業


民放キー局とネット系企業の提携話は、来る地デジやワンセグへのお互いの利害関係の一致がお互い大きいから成り立つ話なのでしょう。


DocomoAu、ボータフォンなどのも関係ない話ではありません。


Docomoはフジと提携しましたし、Auはどこかの民放と提携したと聞きました。


ボーダフォンについてはソフトバンクの買収話が大きいですね。


既得権益で保護される放送局


放送というのは「免許」で守られている商売であり、「既得権益」で利益が守られている商売である。それゆえにかなり無理な商売が成り立ちもします。


しかし、放送局でも地方局は現状が全く異なります。


今朝の日経新聞などでも「民放に純粋持ち株会社を解禁へ」という記事がありました。


簡単に言えば大きな資本力のある会社が小さな地方局を囲い込むことを解禁するという話です。


なので、例えば「フジテレビが系列局を囲い込む」ということが可能になるという話なんです。地上デジタル放送の準備にかかるコストがあまりにも莫大な為、小さな地方局の運営がなり行かなくなってきた事を国が認めたということになります。


小さい局はこのままでは潰れてしまう。放送のいわゆる「公共性」が損なわれてしまう危険性もはらんでいる話だと思います。故に「民放に純粋持ち株会社を解禁」することによって地方局を守ろうとしている訳です。


これからどんどん放送局の形が変わっていくのでしょうか。


ウェブ進化論」などのことが現実に起きてくれば、マスメディアや広告という商売も形を変えていかなくてはならなくなります。


放送局の新しいビジネスモデル


話を元に戻すと「既得権益」なる免許商売などいつまでも通用するものでは無くなるということです。今すぐでなくてもいつか必ずおこることでしょう。


だから、大きなキー局は今のうちに新しいビジネスモデルを模索しているのでしょう。それで誰でも分かりやすいのが放送内容に連動したTコマースです。いわゆる放送連動型通信販売です。


放送と連動したネット販売はすごく分かりやすいビジネスモデルです。


楽天Amazon、元はライブドアも放送局に固執している訳です。


今一番美味しいポジションにいるのはソフトバンクじゃないでしょうか。ワンセグ放送が始まりますが、ボーダフォンを買収することで自社にあるECサイトのノウハウをそのまま流用できるわけです。


これからどんどん面白いことがおこる事でしょう。