Miyakawa Blog

ウェブディレクターが日々のことを綴るブログ

双方向テレビ番組



休日出勤と双方向テレビ番組


今日は土曜日で会社は休みですが、いま会社に来ています。


それがタイトルの「双方向テレビ番組」とどんな関係があるかって?


実は私の会社のソリューションを使って、今日これから双方向テレビ番組が放送されるのです。


ケータイ電話や、パソコンを使って生放送中に視聴者からアンケートやクイズを答えてもらうというソリューションを提供しているんです。


もちろん、放送時間内に結果もお知らせしますし、ご採用局によっては視聴者に直接電話をかけたりしています。


すでに実現しているネットとメディアの融合番組


すごいでしょ!


私も去年の9月に再就職して初めて聞きましたが、時代の最先端を行ってるサービスです。このサービスをもう2,3年も前からやってるというのだからびっくりです。いま、定期採用しているテレビ局だけで4局です。


かなりスケールが大きいサービスで、全国でも当社のサービスに匹敵するものはまだ少ないです。


ただ、あまりにも最先端に行き過ぎていて、関心を示してもらっても採用してもらえるまでに時間がかかっているのが現状です。


ウェブ進化論」に出てくる、「あちら側」「こちら側」の話がありますが、どれだけ話しても、2つの違い(「あちら側」と「こちら側」)を理解できない人間の方が多いからでしょうか。


リアルタイムなサーバ監視


で、休みの日の土曜日なぜに出社しているか説明します。


当社のソリューションはASPサービスで提供しています。問題やアンケートの登録なども全部ブラウザで行ってもらっています。生放送中の当選者発表用のアニメーション用映像も当社のWEBサーバから出力しています。


万が一生放送中に放送事故になったら大変ですから、アプリケーションサーバとデータベースサーバの監視に出勤しているという次第なんです。


リアルタイムで視聴者から応募されてくるデータを見守りながら、データベースモニターするアプリケーションと、ターミナルのtopコマンドで監視をしています。


ネットの双方向性は強いですが、電波の力もすごいですよ。