読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Miyakawa Blog

ウェブディレクターが日々のことを綴るブログ

九谷焼の考察

九谷焼の考察 参考資料: 伝統工芸品シリーズ 九谷焼 正和 久佳 加賀の工芸 介州 高橋 勇 人間国宝 徳田八十吉 国際色絵陶磁器コンペティション'97 九谷 工芸未来派 九谷焼との出会い 私の出身は石川県金沢市です。 まさに九谷焼の産地です。 出身地であるに…

楽しいウソならつきまくれ!!「ゲームデザイン脳」読書レビュー

桝田省治著書の「ゲームデザイン脳」を先日読みました。 ※桝田さんは「俺屍」「桃鉄」「天外魔境」などを手がけたゲームデザイナの方です。 ゲームを作る上でのアイディアを見つける方法、設計方法、プロデュースする上でのゲームデザインの哲学などを楽しく…

「60分間・企業ダントツ化プロジェクト 顧客感情をベースにした戦略構築法」を読みました

日曜日にやっと、読み終わりました。 読書レビューを書いてもいいですが、古い本なので私がワザワザここでレビューを書くまでもないですよね。 10年前の本だからもちろん時事ネタは古いでも、本質はしっかりしてたと思う。 簡単に要約すると成功する事業プラ…

Pinterestビジネス講座読書レビュー

レビューを章ごとにまとめました Pinterestビジネス講座は先週発売されたばかりの新刊です。 読者ターゲットは Twitter や Facebook などのソーシャルメディアをホドホドに利用しているユーザで、Pinterest をビジネスに活用を考えている人です。 ひょっとす…

京極夏彦著書「ルー=ガルー 忌避すべき狼」読書レビュー

久しぶりに京極夏彦先生の著書をレビューしようと思います。 百鬼夜行シリーズは私の中で殿堂入りしており、「このシリーズを超える物怪(モノノケ)が絡む京極本は無い」と個人的に思っていました。 その考えは今でも代わっていません。 しかし、今回読んだ…

ICO(イコ)というノベライズ小説を読みました

ICO(イコ)というノベライズ小説上下巻を最近読み終えました。 私は始めて読んだ本です。 講談社から発刊されている宮部みゆき先生の著書です。 今回私が買ったのは文庫本ですが、2004年には単行本が出ていたらしいですね。 序章で灰色の町で謎の陰に追われ…

ライフバランスセミナーに参加してきました

6月26日(日)の午後から日本コーチ協会日本海チャプター石川ブロック事務局が開催した、「ライフバランスセミナー」というタイトルで開かれたコーチングのイベントに参加してきました。 開場は金沢市の近江町いちば館交流センターの4階で行われました。 コ…

宮部みゆき著書「あんじゅう」を購入したけれど

作家、宮部みゆき先生の著書「あんじゅう」を購入して、数話読んだ後に、先生の著書「おそろし」も買いました。 このシリーズは江戸時代が舞台の怪奇小説のジャンルに入ります。 お化けとか、幽霊とか、怪奇という言葉が当てはまるたぐいの話です。 話の順番…

読んで読んで読みまくった村上春樹作品

昨年10月中旬の「1Q84 BOOK1」から始まり、村上春樹先生の作品をたくさん読みました。先ほど「ねじまき鳥クロニクル 第3部」を読み終えました。 リストにしてみようと思う。 1Q84 BOOK1・2・3 風の歌を聴け 1973年のピンボール 羊をめぐる冒険 ダンス・ダン…

羊男のクリスマス

作家の村上春樹先生の代表作に「羊をめぐる冒険」と「ダンス・ダンス・ダンス」という本があります。 その中に「羊男」が登場してきます。 日曜日に書店で買った「羊男のクリスマス」に出てくる羊男と、「羊をめぐる冒険」「ダンス・ダンス・ダンス」に出て…

村上春樹先生の4部作

「風の歌を聴け」を皮切りに、4部作を最近再読し読み始めました。 「1973年のピンボール」、「羊をめぐる冒険(上)」、「羊をめぐる冒険(下)」まで読みました。 今、「ダンス・ダンス・ダンス(上)」を読んでいます。 世間一般では「風の歌を聴け」から…

1Q84 BOOK3を読み終えて

1Q84のBOOK1, BOOK2を1年ぶりに再読し、先月からBOOK3と順に読み終えました。 1年後にまた、読み返したいと思う。 BOOK1〜3については次のような印象を受けました。 BOOK1は序章であり、登場人物の天吾と青豆を紹介するエピソード。 BOOK2は本編であり、天吾…

1Q84 BOOK3と、村上春樹先生の作品と私

村上春樹著書「1Q84 BOOK3」を発売日を半年以上過ぎて、いまやっと今読んでいます。 もうすぐで読み終わります。 発売日に買い損ねた1Q84 BOOK3 今年の4月頃に発売していたBOOK3ですが、ちょうど京極夏彦先生の本にどっぷりハマっていて(今も読みたくてウズ…

『「ブッダを読む人」は、なぜ繁盛してしまうのか。』という本を購入

タイトル 「ブッダを読む人」は、なぜ繁盛してしまうのか。 ジャンル 自己啓発本 出版社 現代書林 「元気が出る本」出版部 著者 清水克衛 絵 さくらみゆき 定価 1,500円(税別) 著者の清水克衛さんは「読書のすすめ」という書店の店長であり、NPO法人読書普及…

京極夏彦著書「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」再読完了

8月3日夜に再読完了しました。 やっぱり、おもしろい。 もう1回読んでもおもしろいと思います。 事件を追って、犯人を追及するだけの推理小説では、2度も、3度も読みたくはならない。 しかし、京極夏彦先生の「百鬼夜行シリーズ」は事件が生きており、登場人…

京極夏彦先生著書「姑獲鳥の夏」再読

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=miyakawa2449-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4062638878 「姑獲鳥の夏」を7月18日の16時頃に再読終了した。 2度目の読…

最近の読書リストの覚書

6月12日を最後に読書レビューを書いていませんが、それでも読書を続けています。 覚書程度にここ1ヶ月で読了した読書リストを作っておきます。 いずれ、読書レビューを書きたいとおもいます。 ■金田一耕助シリーズ(横溝正史 著書) 本陣殺人事件 獄門島 八…

横溝正史先生と京極夏彦先生

■横溝正史先生(1902年5月24日 - 1981年12月28日) 金田一耕助シリーズが非常に有名で、映画化およびTVシリーズ化された作品も多数あり。 獄門島や犬神家の一族などの有名作品多数。 ■京極夏彦先生(現役作家) 「姑獲鳥の夏」で鮮烈デビュー。 百鬼夜行シリ…

京極夏彦先生著書「邪魅の雫(じゃみのしずく)」読了

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=miyakawa2449-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4062763710 著書名:邪魅の雫(じゃみのしずく) 著者名:京極夏彦 ジャン…

京極夏彦先生著書「陰摩羅鬼の瑕」読了のレビュー

著書名:陰摩羅鬼の瑕(おんもらきのきず) 著者名:京極夏彦 ジャンル:推理小説 出版社:講談社 発売年:2003年 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=miyakawa2449-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazo…

「塗仏の宴」読了

著書名1:塗仏の宴(ぬりぼとけのうたげ) 宴の支度 著書名2:塗仏の宴(ぬりぼとけのうたげ) 宴の始末 著者名:京極夏彦 ジャンル:推理小説 出版社:講談社 発売年:1998年 http://ws.amazon.co.jp/widgets/q?ServiceVersion=20070822&MarketPlace=JP&ID=…

「広告の基本」を読みはじめて

Wkipedia 電通鬼十則より引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%BB%E9%80%9A 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さく…

『絡新婦の理(じょろうぐものことわり)』読了

著書名:絡新婦の理(じょろうぐものことわり) 著者名:京極夏彦 ジャンル:推理小説 出版社:講談社 発売年:1996年 いやぁ、今回も楽しませて頂きました。「魍魎の匣」についで気に入った本だったかもしれません。 京極先生の「百鬼夜行シリーズ」を毎回…

京極夏彦先生著書「冥談」読了の日記

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=miyakawa2449-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4840132356 著書名:冥談 著者名:京極夏彦 ジャンル:ホラー、ミステリー…

鉄鼠の檻(てっそのおり)を読了しました

著書名:鉄鼠の檻(てっそのおり) 著者名:京極夏彦 ジャンル:推理小説 出版社:講談社 発売年:1996年1月 「鉄鼠の檻」読了しました。 今回も分厚く読み応え十分な本でした。 あらすじ 舞台は神奈川県は箱根にある仙石桜という古宿が舞台の1つになります…

「狂骨の夢」京極夏彦著を読み終わる

書籍名 狂骨の夢 著者名 京極夏彦 発刊日 1995年5月 出版社 講談社 このところ寝ても覚めても、京極先生の著書を読んでいるMiyakawaです。 「狂骨の夢」を昨夜、読み終え、今「鉄鼠の檻」を読んでいます。 さて、今回の読了した「狂骨の夢」厚い本でした。40…

夕食後、読書をする私と息子

夕食後、私がリビングで読書をしていると、りゅうくん(6歳)が絵本を持って来て隣で音読しはじめました。 驚きです。 このところ寝ても覚めても、マリオの話ばかりしているりゅうくんが絵本とは言え、音読を始めて楽しそうにしています。 しまいには絵本で…

寝ても覚めても、読書中。

このところ、京極夏彦先生の本にハマってずーっと読んでます。 テレビゲームがちょっとお休み中。 ドラクエ6とエルミナージュ2が完全にお休みしてます。 でも、ときどきFF13はやってます。 いよいよ第5章の最終ボスをブレイク1回だけでクリアできたので・・…

京極夏彦著書「魍魎の匣(もうりょうのはこ)」を読了しました

「数えずの井戸」を読み終えてから、京極ワールドにハマりつつあります。 いや、もうハマりこみ捕われているかもしれません。 憑物のように(笑) 私にとってはコナン・ドイル(シャーロック・ホームズ)や綾辻行人(館シリーズ)以来のははまり込みようです…

取り憑かれたようにゲームばかりしてましたが

昨年の12月の会社復帰以降、取り憑かれたようにテレビゲームをしていました。 Wizardry囚われの魂の迷宮(PS3)、ファイナル・ファンタジー13(PS3)、エルミナージュ2(PSP)、ドラクエ6(DS)などなどズーッと、やってました。 帰宅後、寝るまでの間や、早朝な…

「姑獲鳥の夏」京極夏彦著書私の中の第2弾

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=otokonokenkou-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4062638878 いやぁ、「数えずの井戸」を無事読了で来た勢いで、過去に挫…

数えずの井戸 初 京極夏彦著

http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=otokonokenkou-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4120040909 2週間ほど前の東京出張の折、有楽町駅近くの書店で京極夏彦さ…

「オーデュボンの祈り」を読み終わりました

何とも不思議なミステリーでした。 既存のミステリーの枠にとらわれない話だったと思います。 私には初めての感覚でした。 事件が起きて、解決?または真相を突き止めるために主人公 伊藤が島の中を歩きまわるのですが、事件の大小関係なく、次々に事件が折…

オーディボンの祈りを読み始める

「オーデュボンの祈り 伊坂幸太郎著を今読んでいます。 http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?lt1=_blank&bc1=000000&IS2=1&bg1=FFFFFF&fc1=000000&lc1=0000FF&t=otokonokenkou-22&o=9&p=8&l=as1&m=amazon&f=ifr&md=1X69VDGQCMF7Z30FM082&asins=4101250219 伊坂 …

「沈まぬ太陽」読み終わりました

「沈まぬ太陽」 全3篇(5冊)読み終わりました。 アフリカ篇(上下) 御巣鷹山篇 会長室篇(上下) 合わせて5冊です。 航空会社を舞台とした空の安全と、企業倫理をテーマとした物語。 最後の一冊は出張先の広島の書店で買いました。 シリーズを通した主人公…

沈まぬ太陽

最近、著者:山崎豊子先生の「沈まぬ太陽 アフリカ篇 」を読みはじめました。 1冊目アフリカ編の上巻を読み終えて、現在、2冊目のアフリカ編下巻も読み終わりそうです。 日本航空の墜落事故をテーマとした小説です。 ※作中では、「国民航空」という航空会社…

緋色の研究

シャーロック・ホームズの小説「緋色の研究」をAmazonで注文したのが、先週届きました。 緋色の研究を買ったのはこれで3度目?4度目? その都度、読んでは本を処分しているので、もったいないと言えばもったいない。 ※最後に読んだのは5年以上前ですけど 妻…

忙しいときに限って・・・

学生時代からそうですが、試験勉強しなきゃいけないときとか、忙しくなったときに限って、部屋を掃除したり、読書にふけったり、テレビゲームをしたりしたくなってしまうのは私だけでしょか? いま、いろいろと忙しいこの時期に先日、本屋で宮部みゆきさん著…

エリヤフ・ゴールドラット著の小説型ビジネス書

仕事的には12月は営業的仕事より、プロジェクトマネージメントの仕事がウェイトを占めてきた。 外部のPMが仕事をしてくれないためにいろいろ心配事が増えてきたためなんだけれども。 そんなときに東京駅の書店で、「チョイス」という本に巡り会った。 http:/…

夏目漱石著書「こころ」

こころ (新潮文庫) 34歳にして恥ずかしながら、夏目漱石の著書を学校の教科書以外で読んだのは今回が初めてでした。 いわゆる文学の分類に入る本。 最近、日本人として生まれてきているのに、日本をあまり知らないこと。 当たり前に多くの人が良いものとし…

海辺のカフカおもしろい

海辺のカフカ (上) (新潮文庫) 海辺のカフカ (下) (新潮文庫) 主人公僕のストーリーも面白いし、ナカタさんのストーリーも面白い。 上巻は今朝読み終わりました。 詳しく書くとネタばれになるので、ネタばれないように書くと難しいなぁ。 強いて言えば、僕を…

寝不足

海辺のカフカ (上) (新潮文庫) 海辺のカフカ (下) (新潮文庫) 海辺のカフカが面白すぎて、目が離せない。 昨夜も気がつけば午前1時を時計が回っていた・・・・ 夜更かしは健康管理の大敵。 今夜は気をつけよう。

海辺のカフカ

海辺のカフカ (上) (新潮文庫) 海辺のカフカ (下) (新潮文庫) 海辺のカフカを日曜日に買った。 村上春樹さんの海辺のカフカを。 久しぶりの村上ワールドを楽しんでいる。 海辺のカフカという本そのものはかなり前に出版されていたんだけれど、これは読んでい…

反応的ではなく、主体的に

同じ本の話続きで恐縮ですが、「7つの習慣―成功には原則があった!」の第1の習慣で「主体性を発揮する」というものが出て来ます。 ここではいくつかの話が出てくるのですが、主体的に対たいして相反する用語として反応的という言葉がでてきます。 事が起きる…

7つの習慣 覚書 P/PCバランス

7つの習慣―成功には原則があった! 効果性には2つの側面のバランスがある。 P/PCバランス。 目標達成(Performance)のP 目標達成能力を達成する資源(Performance Capability)のPC。 効果ばかり求めたり(Pばかりを求めたり)、目標達成能力(手法や手段)…

7つの習慣

10年以上振りに再び手に取った本「7つの習慣―成功には原則があった!」。 初めて読んだのは結婚前の独身時代だったと思う。 まだ、二十歳を過ぎたペーペー時代。 当時の私には難しくて理解できない本だった。 そして、10年以上の歳月を巡ってまた、私はこ…

デザインの輪郭

デザインの輪郭 この商品をレビューしたブログ一覧» 評価: 深澤 直人 TOTO出版 ¥ 1,890 (2005-11) Amazonおすすめ度: 何度も読むと良くなってくる じわじわと感じてくる本 生きることを大切に、そして丁寧に。 原研哉繋がりで、深澤直人さんの著書に巡り…

陰翳礼讃(いんえいらいさん)に日本の美を感じました

陰翳礼讃 この商品をレビューしたブログ一覧» 評価: 谷崎 潤一郎 中央公論社 ¥ 500 (1995-09) Amazonおすすめ度: 日本の闇を描く 失われた価値観 日本の情緒、まさに温故知新! 先日読み終わった、原研哉さんの著書「デザインのデザイン」の中に谷崎潤一…

お盆中の読書予定リスト

テレビCM崩壊 マス広告の終焉と動き始めたマーケティング2.0posted with amazlet on 06.08.11Joseph Jaffe 織田 浩一 翔泳社 (2006/07/22)Amazon.co.jp で詳細を見る Web2.0でビジネスが変わるposted with amazlet on 06.08.11神田 敏晶 ソフトバンククリエ…

ハイ・コンセプト 「新しいこと」を考え出す人の時代

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代 本書では日本人でありながら今後の21世紀を生きていくためにしなくてはならないことを冒頭で説明しています。 第1次産業と呼ばれる「農耕社会」は日本よりアルゼンチンやオーストラリアが強い、第2次産…